実践!現役ビジネスマンがおすすめする副業ブログ

副業で稼いでいくために必要なこととは?

ライフステージに合わせられる在宅ワーク

time 2019/01/30

在宅ワークは一般企業に勤める社員痛みにオフィスに出勤や、店舗でバイトするようなことでなくて自宅にいながらバイトをするスタイルです。そしてこれは複数の種類あって、ほとんどは自分のペースで働けます。そして会社員、育児中の方の副業、フリーランサーの収入源で期待されています。そして、今までの在宅バイトは増加づくりなど内職のイメージがありました。そしてネット定着してパソコン利用したものがほとんどになりました。会社員から在宅ワーカーとして働き方変わって、実感する何よりのメリットは自分のペースで仕事が可能ということです。会社勤めしてるとき拘束時間決まっていて、この日休みたいといったことでもなかなか実現難しいことがあります。ですが、在宅は受け持ってる仕事を納期内に負わさせればよくて、この日に仕様を済ませ明日仕事集中するようなことみたいに自由にスケジュール配分が可能なのです。そして社員時代に土日祝日休みで、平日にしか対応できない、公共機関の手続きに頭悩まされたりしました。ですが、在宅ワーカーの今平日でかけられるのでとても快適。そして女性は妊娠によって仕事変わるケースが男性に比べて多いです。在宅ワークは妊娠中、出産後赤ちゃんのそばにいて仕事ができて、こうしたライフステージの変化合わせ仕事できるのは在宅ワークならではでしょう。そして、会社で働くときは月の給与、年俸があらかじめ決まってるケースが多くて、毎月の給与目立った変動が少ないです。それに対して在宅は基本月給、年俸決まってなくて、仕事し多分そのまま反映されて、仕事こなした分手に入る報酬が多くなります。そして自分の頑張り次第で報酬が変わって多くもらえた月は大きな達成感を得られることでしょう。そして在宅ワークの仕事続ける中スキル磨くとより多くの仕事こなしたり単価高い仕事挑戦できたり、さらなる収入アップ目指せたりします。反対に仕事おろそかにすれば報酬減ってきて、在宅ワークの仕事は自己管理が何よりも大事です。そして、仕事上の人付き合いは避けて通れないです。会社員時代自分の仕事こなそうとしてもこれお願いと人から頼まれるのを断れなくてストレスたまってきたりします。在宅は請け負ってる仕事をモクモクやっていくことが多く、人から仕事押し付けられることがなくて自分のスケジュール合わせ仕事薦められるのです。そしてクライアント、運営事務局と連絡取りあえますが、基本一人で仕事することが多いです。

down

コメントする




最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー