実践!現役ビジネスマンがおすすめする副業!株式会社ディールクラッカーのSMART×NET(アプリオンマネー)

副業で稼いでいくために必要なこととは?

売れないネットショップの特徴3選

time 2019/01/30

ネットショップを成功させている人はたくさんいます。しかし、一方では開業したものの思うように結果を出す事ができずに、苦しんでいる人もいますね。では、売れないネットショップの特徴とはどのようになっているのでしょうか。自分に当てはめて参考にできる事はないか確認してみましょう。

・需要のない商品を販売している
ネットショップですから、検索経由で購入まで結びつく事がほとんどです。つまりは検索される事がない商品は売れる事はないのです。このような場合では広告やCMなどで商品の認知を上げる努力をしないといけません。

しかし、それにはお金も時間も必要になります。ネットショップを経営し始めた人でそこまでできるお金を持っている人は多くはありません。そこで初めは検索数が多くてライバルが少ない分野の商品を売る事が重要です。ある程度儲けるようになって資金を貯めましょう。

次にいよいよ本当に自分が売りたい分野の商品を売る努力をするといいのです。

・ネットショップに夢を持ちすぎている
ネットショップで売る事に夢を持つ事はいいでしょう。大きく売り上げて生活も潤いのあるものにしたい、という気持ちはいい事です。しかし、「売れたらラッキー」ぐらいの気持ちではそうそううまくいきません。

中には実店舗で売れないのでネットショップで売るという人もいますが、失敗する可能性が高いです。なぜ手に取って売れない商品がネットショップなら売れるとなるのでしょうか?

ネットショップを夢のような場所と思わない方がいいです。実店舗と同じで売れるようにするためには努力と工夫が必要になります。

・市場が飽和している場合は難しい
メーカーや強い競合店がたくさんいる分野では、市場が飽和状態になります。すると市場価値が落ち込みネットショップの運営を維持していけるだけの利益をとる事ができない事があります。メーカーや大手企業もたくさん出店している中において、新規出店してもなかなか勝ち残る事はできません。

出店をする場合は先にリサーチが必要になります。市場には成長市場、停滞市場、衰退市場とあります。3つの中で新規でネットショップを開く人が成功しやすいのが成長市場です。まだ強豪が多くなく認知が高い商品が多いからです。

・まとめ
働き方が世間でも議論になる今の時代に起業をして自分のお店を持つ事を考える人も少なくありません。しかし、成功できずに苦しむ人もその分増えます。ネットショップで成功するにはどうすればいいのか、ポイントを抑えて運営に取り掛かるようにしましょう。

down

コメントする